タイトルを記入します
Home Profile Contact


青汁の原料 

「青汁で野菜を効率的にとれるのは分かったけど、どんな野菜が入ってるの?」
青汁に使われている代表的な野菜などを紹介していきます。

●ケール
地中海原産。アブラナ科の植物で、キャベツやブロッコリーの原種にあたります。
ビタミン、ミネラル、食物繊維を始め、他にもBカロテンやイソチオシアネート、クロロフィルなどの栄養成分は緑黄色野菜の中でも群を抜いて多く、「野菜の王様」とも呼ばれています。。
1年中収穫できますが、独特の苦味があり、成長の早い夏場はその傾向が強くなります。「まずい! もう1杯!」で有名になったキューサイの青汁など、ケールが多い青汁は苦味が強いとされています。ケールの青汁については、こちらのサイトも参考にしてください。
http://www.cdnn.info

●明日葉(アシタバ)
日本原産。セリ科の植物で、「今日摘んでも明日には新しい葉が生える」といわれるほどの生命力があります。
根や茎を切るとネバネバした黄色い汁が出ます。これは「カルコン」と呼ばれる明日葉独自の貴重な有用成分で、緑茶に含まれるカテキンや、大豆のイソフラボンと同じ、ポリフェノール系の成分で、美容効果が期待されています。また、「クマリン」という抗菌作用を持つとされる成分も含んでおり、希少な栄養成分の宝庫なのです。
明日葉青汁の効果については、こちらも参考にしてください。
http://www.e-guru.org

●大麦若葉
これは野菜ではありません。 実をつける前の、約20センチほどになった大麦の葉の部分です。大麦は古来より麦ごはんとして食べたり、麦味噌やはったい粉、水あめや焼酎などの原料として日本人に親しまれていましたが、近年の健康志向で若葉にも注目が集まるようになりました。
ビタミン(A・B・C)やミネラル(カリウム・カルシウム・カロチン・マグネシウム・マンガン・亜鉛)などの微量栄養素を始め、食物繊維、葉緑素(クロロフィル)、SOD酵素といった健康や美容にとって有効な成分が豊富かつバランスよく含まれています。大麦若葉の青汁効果はこちらをご覧ください。
http://www.printablegreetingcardsonline.com/

●桑の葉
蚕のエサとして古くから使われてきた木の葉です。養蚕地ではお茶として飲む習慣があり、商品化されています。
様々な栄養素の中で、特に注目なのは桑の葉特有の成分「デオキシノジリマイシン」(DNJ)です。DNJには血糖値の上昇を抑制する効果があるといわれ、糖尿病や高血圧に効果的だといわれています。また、糖の吸収を抑えることから、肥満防止やダイエットへの効果も期待されています。少量ですがギャバ(GABA)も含んでいます。
他にも、生活習慣病の改善、整腸作用、抗菌・消炎作用、ガンの抑制効果などがあるといわれています。

これら以外にも、キャベツ、ブロッコリー、レタス、大根場、カブの葉、紫蘇(シソ)、小松菜、水菜などが使われています。
なぜ緑黄色野菜の代表格であるホウレン草が出てこないかいいますと、実は、ホウレン草に含まれているシュウ酸は腎臓結石や膀胱結石の起こす可能性があるのです。シュウ酸は加熱で消失しますが、青汁は基本、生野菜から作るため入っていないものが多いのです。ただし、苦味や青臭さがない(または少ない)という特徴から子どもには飲みやすいとされ、ネットショップなどではホウレン草入りの青汁も売られています。
こちらの青汁比較ランキングサイトでは、さまざまな種類の青汁について解説しています。
参考になりますので、ぜひ、ご覧になってみてください。








> なぜ青汁を飲むのか? > 慢性的な野菜不足> 青汁の原料 > 青汁の効果・効能 > 青汁と女性の体> 薬事法・特定保健用食品(トクホ)について > 青汁のタイプ > 青汁のお得な買い方 > こうすればおいしく飲める > 青汁の歴史

> 青汁つづく

> ベジパワープラス

> 乳青 > めぐりごごち 楽・月・花

> すやっと青汁