タイトルを記入します
Home Profile Contact


青汁と女性の体 

健康改善や維持だけではなく、美容効果を期待して青汁を飲む女性は年々増えており、各メーカーはケールや明日葉、大麦若葉などの通常の材料に、独自の美容成分を合わせた『美容青汁』をこぞって出しています。
青汁の食物繊維で便秘が改善されるというのは、『青汁の効果・効能』で書きましたが、食物繊維は便や老廃物をスムーズに体から出します。結果的に血液ドロドロ由来の肌荒れ防止になるのです。
青汁のダイエット効果はこちらをご覧ください。
http://www.literarylifebookstore.com
血糖の上昇を抑えることは、脂肪の蓄積防止に繋がります。
ビタミンやミネラルは、皮膚を美しく保つ美肌成分があります。
青汁の主原料は緑黄色野菜なので、それらに含まれているビタミンやミネラルはとても豊富です。
紫外線などの外敵から受けたストレスによって弱った肌を回復する効果や、吹き出物やニキビなどの荒れた肌も健康的な肌に戻してくれます。
また、メラニンの生成を抑制するのでシミやそばかすの原因を排除します。
青汁の美容効果はこちらも参考になります。
http://www.scrantonsg.org

妊娠中の女性が特に必要な栄養素に「葉酸」があります。赤ちゃんの中枢神経が上手く作れない「神経管閉鎖障害」は、流産や死産の原因になったり、生まれた赤ちゃんが歩けなかったり、膀胱や直腸が機能しないなどの影響が出ます。
神経管閉鎖障害を防ぐために、葉酸を1日あたり400μg(マイクログラム)摂取することで、発症を70%近く防ぐことができるとアメリカの研究で報告されています。
青汁には葉酸がコップ1杯あたり約150μg含まれており、やはり葉酸が多いホウレン草や芽キャベツなどと合わせることで、葉酸を簡単にとることができます。
葉酸に限らず、妊娠するとおなかの赤ちゃんにも十分な栄養成分を与える必要がありますから、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれている青汁は、妊婦にとっても最適な飲料といえるでしょう。ただし、妊娠中はとってはいけない、とり過ぎてはいけない成分が含まれている場合もありますから、成分チェックを忘れずに。過剰摂取も厳禁です。

女性には嬉しい、コラーゲンやヒアルロン酸、ローヤルゼリー、オリゴ糖、はちみつを配合しているタイプもあります(飲みやすくするため、というのもありますが)。こちらのサイトにはケールや明日葉、大麦若葉など原材料による苦みの違いについて解説されています。青汁選びの際、参考になりますのでご覧ください。
こちらhttp://www.cellblockmail.com/alike.htmlのイソフラボンも、女性にうれしい美容やバストアップ効果があるのでおすすめです。








> なぜ青汁を飲むのか? > 慢性的な野菜不足> 青汁の原料 > 青汁の効果・効能 > 青汁と女性の体> 薬事法・特定保健用食品(トクホ)について > 青汁のタイプ > 青汁のお得な買い方 > こうすればおいしく飲める > 青汁の歴史

> 青汁つづく

> ベジパワープラス

> 乳青 > めぐりごごち 楽・月・花

> すやっと青汁