タイトルを記入します
Home Profile Contact


薬事法・特定保健用食品(トクホ)について

健康食品には、薬事法という法律が大きく関係してきます。健康食品の効能の表記は薬事法によって制限されています。例えば、風邪薬のパッケージや説明書を見ると、1gや1日分あたりに、どんな原料・成分がどのくらい含まれているかが書かれていますが、一般的な食品(お菓子や健康食品なども)には原料名は書かれていても、詳細な量までは書かれていません。
また、具体的な効果・効能をうたうことができる商品については、表現が制限されています。商品とは、医薬品・医薬部外品・化粧品(薬用化粧品は「医薬部外品」)・医療器具の4種で、これらの安全性と有効性を確保するための法律が薬事法です。
(※薬事法に定めてある種類のうち、化粧品については2001年の法改正によって、個々の商品で必要だった厚生労働大臣の許可・承認を廃止。各メーカーの責任において、自由に化粧品を作れるようになった代わりに、使った成分はすべて表示することになっています)

大半の青汁はhttp://www.topcoachingjobs.com/にもかいてある通り、あくまで健康食品(栄養機能食品)であって、医薬品ではありません。医薬品は臨床試験によって一定の効果が保障されていますが、健康食品は医薬品ではないので、臨床試験も行われていません。青汁に含まれる原料の天然成分の効果が青汁に期待される効果ということになります。

「特定保健用食品」(トクホ)は、医薬品と健康食品の中間にあたります。消費者庁の許可を得て、具体的な成分の表示ができるようになります。しかし、「青汁を飲んで便秘が解消した」「体調が良くなった」などの口コミがあっても、必ずしもトクホの青汁だから、ということではありません。かつて日本人は四季折々の野菜や魚をバランス良く食べていました。それだけで栄養は足りますから、余程のことなければ青汁を飲むことはなかったのです。「青汁を飲んでいるから野菜は食べなくてもいい」というは間違い、というのは『慢性的な野菜不足』でも書きましたよね?
あくまでも栄養パランスや食物繊維を補う役割として、トクホにこだわらず、目的にあったものを選びましょう。
こちらのサイトhttp://hatbororotary.com/も大変参考になりますので、ご覧ください。








> なぜ青汁を飲むのか? > 慢性的な野菜不足> 青汁の原料 > 青汁の効果・効能 > 青汁と女性の体> 薬事法・特定保健用食品(トクホ)について > 青汁のタイプ > 青汁のお得な買い方 > こうすればおいしく飲める > 青汁の歴史

> 青汁つづく

> ベジパワープラス

> 乳青 > めぐりごごち 楽・月・花

> すやっと青汁